メタルボンドクラウン

ご予約・ご相談・お問い合わせ
お問い合わせの際は「審美セラミックネット」を見たとお伝えください。
診療予約 無料メール相談 無料カウンセリング予約

  1. TOPページ
  2. セラミックの種類と素材
  3. メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン金属の裏打ち(裏側)にセラミック(陶材)を焼き付けたものです。セラミッククラウンとしての歴史は古く、今現在でも積極的に利用されています。

透明性や色調はオールセラミッククラウンに比べると劣りますが、まずまずの耐久性と色調があります。別名で…

  • セラモメタルクラウン
  • セラミックメタルクラウン
  • ポーセレンフューズドメタルクラウン

…などの呼び名があります。

メタルボンドクラウンの特徴

長所 短所
  • 歯の色調に似ているので見た目が良い
  • 内面に金属を使用しているためたいへん丈夫で割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
  • 強度があるため、咬む力の強い患者様でもある程度使用可能
  • 歯の裏側からは金属が見える
  • 色調はオールセラミッククラウンに劣る
  • 金属を使用しているため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合がある
  • 元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがある

ゴールドセラミッククラウン

ゴールドセラミッククラウン金(ゴールド)の上にセラミックが焼付けてあり、アレルギーの発生もなく歯茎の際の黒色の変色も発生しにくくなります。また天然歯の切削量を従来のセラミッククラウンと比較して、少なく押さえることができます。この材質は、審美性と生体親和性に優れ耐久性が高いというメリットがあります。

主なメーカーに、サンライズセラミッククラウン、AGCガルバノクラウン、GESメタルボンドクラウンなどがあります。

長所 短所
  • メタルボンドに比べ、色調が明るく表現できる(特に、歯肉と歯の境)
  • 適合精度が非常に高い
  • 内側は純金なので金属アレルギーの恐れがほとんどない
  • オールセラミッククラウンに比べると色調は劣る
  • 強度はあるが固いため、過度の力が加わると破折する場合がある

メタルボンドには歴史があります

一言金属の冠にセラミックを焼き付ける方法は、もともと日本人が開発したものでした。
従来は「セラミックの差し歯」と言うと、この「メタルボンドクラウン」のことでしたが、2005年にジルコニアが歯科材料として認可され、内側の金属に代わる素材として、今現在ではジルコニアオールセラミックスクラウンが普及しています。

時代は金属をなるべく使用しない方向へ進んでいますが、それでもメタルボンドは歴史が古く安定した治療であるため、まだまだ多く使われています。

03-3486-4484
「審美セラミックネット」を見たとお伝えください。
診療予約 無料メール相談 無料カウンセリング予約
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-46-12 長壁ビル1F
銀座線/千代田線/半蔵門線 表参道駅B2出口 徒歩4分
千代田線/副都心線 明治神宮前駅 徒歩10分

審美歯科 セラミック ネット セラミックの種類 素材

よくある質問

>>Q&Aをすべて表示

症例集

>>症例をすべて表示

サイト監修・相談窓口

青山通り表参道歯科クリニック

ページの先頭へ

審美歯科 セラミック ネット

審美歯科 セラミック