クラウンやラミネートベニアができない人はいますか?:よくある質問

ご予約・ご相談・お問い合わせ
★お問い合わせの際は「審美セラミックネット」を見たとお伝えください。
診療予約 無料メール相談 無料カウンセリング予約

  1. TOPページ
  2. よくある質問Q&A
  3. » クラウンやラミネートベニアができない人はいますか?

よくある質問Q&A

2010年9月9日

クラウンやラミネートベニアができない人はいますか?

Filed under: よくある質問 — omo3Admin @ 1:56 AM

歯周病や歯並びが極端に悪い人はできません

ラミネートベニアも、オールセラミッククラウンも治療の対象にならないのは、歯周病の場合です。歯の神経を抜いた人も、原則としてラミネートベニアはできません。神経を抜くと歯の内部が空洞になり、強度が落ちるからです。

歯ぎしりが激しい人も、セラミック(陶材)が破損する恐れがあります。「受け口」で上の歯の先端が下の歯に当たる場合も、貼りつけたセラミックが欠けやすいので避けたほうがいいでしょう。また広範囲に虫歯がありエナメル質が削れないケースも治療の対象になりません。金属アレルギーの人は、金属の下地を使うメタルボンドクラウンの治療ができません。

「審美歯科 セラミック ネット」を見たとお伝えください。 診療予約無料メール相談無料カウンセリング

審美歯科 セラミック ネット

サイト監修・相談窓口

青山通り表参道歯科クリニック

ページの先頭へ

審美歯科 セラミック ネット

審美歯科 セラミック